富山中央花き園芸

富山フラワーネットワークについて

Toyama Flower Network
1

設立年月日

平成26年4月18日
2

設立目的

 本県の花き生産は、全国一の出荷量を誇るチューリップ球根をはじめ、様々な花きが生産されているが、産出額は全国45位と低迷している。
 消費面では、政令市富山市の切り花購入金額は全国中位であり、仏花需要等は依然として堅調であるものの、若年層や男性を中心に、花きの消費には大きな伸び代が残されている。
 このような中、これまで連携が十分でなかった花き業界関係者が一堂に会し、生産から消費までの各種課題の解決に連携して取り組み、もって県産花きの生産・供給体制の強化および需要拡大を図ることを目的とする。

3

組織体制

代表者 松田 功(株式会社 富山中央花き園芸 代表取締役社長)
事務局 株式会社 富山中央花き園芸
構成組織 富山県花き生産者協議会、富山県花卉球根農業協同組合、富山県花き仲卸組合、全国農業協同組合連合会富山県支部、富山花き商業協同組合、一般社団法人 日本生花通信配達協会富山支部、富山県華道連合会、公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会富山県支部、公益財団法人 花と緑の銀行、株式会社 富山中央花き園芸、富山県
4

部会の設置

物流効率化部会
イベント部会
花育部会
5

部会の主な取組み

物流効率化部会
  • 積載を考慮した統一出荷箱の作成による物流の効率化
イベント部会
  • 物日イベントの開催(1 月24 日、3 月8 日:グランドプラザ)による新たな物日の創造
  • 「花とみどり・ふれあいフェア」における県産花きPR(2 月28 日~3 月1 日:ファボーレ)
  • ホテルを舞台にした県産花きPR(3 月12~29 日:ANA クラウンプラザホテル富山)
花育部会
  • 「越中とやま食の王国フェスタ2014~秋の陣~」における親子フラワーアレンジメント体験教室の開催(10 月25~26 日:テクノホール)
  • 親子いけ花体験教室の開催(2 月28 日~3 月1 日:高岡大和)
  • 保育園児を対象にしたチューリップ球根植付け体験(10 月29 日:杉原保育園 等)